製品ご案内

上載式

生産形態の特長

包装機を覆うように架台(ステージ)を設置し、
その架台上に「計量機」を設置するレイアウトです。
計量機から一定量に計り出された製品が、直下の包装機に落下してくる仕組みです。
計量機から包装機の間にコンベヤーなどがないので、もっともシンプルな供給レイアウトです。
設置面積も少なくて済みますが、天井高さが相当必要になります。

計量機

多くは円形で、円周上に多数の計量ホッパーを備え、任意に投入された製品を、
ホッパー相互の組み合わせで最も所望重量に近い値に計算して払い出す機構です。

特に単重の比較的大きい製品での歩留まり率向上に威力を発揮します。
(四角いタイプや横一列にホッパーが並んだタイプもあります)