会社案内

沿革

オレンジ色の文字は開発暦

1953年 創業者 高垣一郎、大阪市東淀川区にて三和自動機製作所を開業
主として製薬関係の自動機その他自動加工機、自動組立機を設計製作
1961年 株式会社組織に変更
1964年 工場拡張のため大阪府摂津市(現所在地)に移転
1965年 WF‐700型チューブ連続自動包装機を開発 画期的な包装機として高い技術評価を得る
1972年 東京出張所を東京都杉並区阿佐ヶ谷に開設
1973年 (財)機械振興協会第四回中小企業向け「自動化機械開発賞」を受賞
東京出張所を営業所に昇格
1976年 WF-400型縦四方シール自動包装機を開発 包装形態の多角化に対応
WF‐200型オールメカ式縦ピロー包装機を開発 省エネルギーに対応し、耐久性と高性能の包装機として高い評価を得る
1979年 WF‐400型縦四方シール自動包装機をオールメカ式に改良
1988年 WF‐341C・WF-345C型チャック付多目的縦型自動包装機を開発 チャック付縦型包装機の決定版として登場
WF‐900型縦型小型ピラミッドパウチ自動包装機を開発 個性的な小袋分包時代のコンパクト高速パッカーとして登場
1989年 東京営業所を現在地(東京都中央区八丁堀)に移転
WF‐220型サーボ搭載高性能縦ピロー包装機を開発
1990年 高垣一郎社長、長年にわたり包装機械製造業に携わるとともに、関係団体の要職にあたり、包装機械業界およびユーザー各界の発展に寄与した功績により藍綬褒章を受賞
1991年 生産能力拡張のため摂津市鳥飼本町に鳥飼工場を新設
1995年 高槻市大塚町に高槻工場を新設
PL法施行に伴い、各種検査装置のインライン化到来 WF‐220型に日付検査・ガス検査・噛み込み検査等をシステム化する
1996年 小嶋博 社長に就任
鳥飼工場を廃止
1999年 WF‐2300GL型にロードセルを組み込み、オーガーフィラーとの連動により、被包装物の正味重量計量機能を開発
2001年 WF-2220SK型4軸サーボモーター搭載結束装置付包装機を開発
WF-9010型サーボモーター搭載小袋用包装機を開発
2002年 WF-2700CN型ジッパー貼付け装置付縦ピロー包装機を開発
WF-5000型ローコストタイプ縦ピロー包装機を開発
2003年 WF-5100B型大袋対応縦ピロー包装機を開発
2004年 ヘムシール付ガセット自立袋包装機を開発
2005年 WF-3520CN型サーボモーター搭載チャック付包装機を開発
コーヒー用バルブ付包装機を開発
2011年 設立50周年
2014年 熊本市中央区萩原町に熊本営業所を新設
2016年 愛知県一宮市森本に東海営業所を新設
広島県東広島市西条町に広島営業所を新設
2017年 会社名を三和プラス株式会社に変更